次元上昇に目覚めた私達

 

新世紀への歩み

.
2006年に入り3ヶ月が経過しました。注意深くしないと気づかない変化ですが、劇的な変化を現す予兆が、人間社会を含む大きな時空間規模で開始され始めました。

社会の仕組みを大きく変貌させようとする大きな要因が、今までは現状の社会構造を維持させるため、情報というかたちで結果のみの提示を、大きく際だたせる広報や公開が主体でしたが、社会構造の仕組みを支えている必然的な原因を開示する努力や流が2000~2005年間では7%以下の割合であったものが、2006~2008年にかけては38%位まで上昇していきます。

この結果、私たち日本人は井の中の蛙的に周囲の情勢から断絶され、変化の流れが滞った眠りの状態から今後は新世紀人へ、目覚めの旅をすることになっていきます。

この流れの一環として、次元上昇が起こる必然の原因理解を明らかにするため、宇宙空間の新たな側面を皆様にお伝えします。
.
.

現実、フォーカス、意識世界の分類と概略

 

  • モンロー氏が明らかにしたフォーカス世界は、私達が現実で意識する世界とは直接的にエネルギー循環はなく、ボディを選択している本質生命体が中心になって構成されている周波数別の意識階層分類になっています
    .
  • 人間の潜在意識界は時空間内に存在し、本質生命体にコントロールされています
    .
  • 無意識集合界は時空間内に存在し、本質生命体は関与しない世界です
    .
  • 無意識集合界は個人の顕在意識や団体、組織と呼ばれる顕在意識集合体とエネルギー循環を持っています
    .
  • 無意識集合界は人間の潜在意識界とエネルギー循環があります
    .
  • 人間の顕在意識と潜在意識の繋がりは、意志と意識の作用の仕方で交流が生じたり交流の消滅が生まれたりしています
    .
  • 無意識集合界は、個々の特定周波数エネルギーが集合してつくられた振動層で階層的に分類できない性質のものです
    .
  • 顕在意識、潜在意識、フォーカス世界の三者は互いにエネルギー交流を持ちません
    .
  • 本質生命体はフォーカス世界と繋がりを持ち、本質生命体が発振する意志を周波数別に階層が積み重なる様に分類した重層構造に、本質生命体がアクセスを行っています
    .
  • 人間の進化段階の時空層は潜在意識、無意識集合界に繋がる割合が時空層ごとにそれぞれ異なっています

 

画像引用
Hubble Space Telescope Images | NASA

 


2006.6.9
「次元上昇に目覚めた私達」より( 旧自然生活館HP )
..

 次へ >>