次元上昇に目覚めた私達

所属時空層と顕在意識、潜在意識のエネルギー交流率


第1時空層

顕在意識と潜在意識交流率は約70%
顕在意識と無意識集合界の交流率は約72%
潜在意識と無意識集合界の交流率は約85%
顕在式と本質生命体の交流率は約10%

 

第2時空層
顕在意識と潜在意識交流率は約60%
顕在意識と無意識集合界の交流率は約62%
潜在意識と無意識集合界の交流率は約80%
顕在意識と本質生命体の交流率は約9%

 

第3時空層
顕在意識と潜在意識交流率は約50%
顕在意識と無意識集合界の交流率は約55%
潜在意識と無意識集合界の交流率は約50%
顕在意識と本質生命体の交流率は約5%

 

第4時空層
顕在意識と潜在意識交流率は約20%
顕在意識と無意識集合界の交流率は約20%
潜在意識と無意識集合界の交流率は約10%
顕在意識と本質生命体の交流率は約10%

 

第5時空層
顕在意識と潜在意識交流率は約1%
顕在意識と無意識集合界の交流率は約5%
潜在意識と無意識集合界の交流率は約2%
顕在意識と本質生命体の交流率は約70%

 

顕在意識の構成状態
特定の周波数を有する個別ごとの物質波、電磁波、磁気波が編成された状態で構成されています(意志と意識が心身に直接的に関与する系)

 

潜在意識の構成状態
構成内容は顕在意識と同じです(意志と意識が心身に直接的関与しない系)

 

無意識集合界
特定の周波数を有する個別ごとの8種類の振動波エネルギー(物質波、電磁波、磁気波、フィーゴック波、ディレッジ波、ギマネ波、リヌー波、ミーホフ波)がミックスされた集合状態で時空間内に構成されています

振動層は本来、振動層同士でエネルギー循環を構成しますが、無意識集合界の振動層はエネルギー集合体として、特定原理を保有しないので通常の循環形態を持ちません

無意識集合界はエネルギー繋がりのきっかけが与えられると、強固な循環系(特定性質の強化)を構築する活発な反応性を持っています

人間の顕在意識、潜在意識が繋がると循環が生じ、アナログ的、デジタル的な多様性変化を起こします。

 


2006.6.9
次元上昇に目覚めた私達より(旧自然生活館)
..

<< 前へ | 次へ >>