次元上昇に目覚めた私達

次元上昇原理と第6時空元変化(地球環境)

.
次元上昇で影響を最も大きく受けるのは人間です。
人間のボディは8層の振動体(帯)で構成されています。

中心から

アーンプ体物質波、磁気波、電磁波
シン体物質波、磁気波、電磁波、ディレッジ波
フィーゴック波、ギマネ波、リヌー波、ミーホフ波
エーテル体フィーゴック波
アストラル体電磁波
メンタル体ディレッジ波
コーザル体ギマネ波
ケーシー体磁気波
コアード体物質波

アーンプ体が私達の顕在意識で感知しているボディで、シン体からコアード体までは感知できないので7層の振動体を幽体と呼んでいます。

ボディという物質波、磁気波、電磁波の組み合わせが、無数に集合して現象世界がつくられています。この組み合わせが中心になって、アナログ性質(相似象、相関、共時性、複合)を生じさせています。

現象の根本は素粒子の物資化への働きであり、中性子、陽子が回転し、回りの時空間に電子が発生して原子、分子へと組み合わせが進み、物質化が始まります。(複合作用)

ボディという物質化の複合が終了すると、中性子、陽子の回転は静止し、複合を助けた電子は消滅して磁気波(空間)、電磁波(時間)が生じます。

その都度の物質、磁気波、電磁波の相互関与系が、学びと体験の味わいをつくり出します。

物質波は複合のための、中性子、陽子の複合化エネルギーであり、学びと体験を味わう創出という物質波、磁気波、電磁波の組み合わせ振動波エネルギー(波動)です。

次元上昇原理は地球の人間界に、国家、地域、組織、個々の人間へとマクロからミクロへ至る広範囲な創出の根本になっている物質波の精妙化という質的転換原理です。

国家、地域への現象構成物質の波周波数転換は、自然力の破壊と創造が主であり、組織、個人へは中性子、陽子の質的転換で、エヴァへの価値観創造を促していきます。

個人のDNA原理が書き直され、エゴからエヴァへの価値観転換、エヴァ新生児の誕生や愛と調和に価値を見いだす新人類が陸続と生まれてきます。

物質波の精妙化の影響は、経済社会の土台になっている集合無意識界に影響を与え、エヴァへの流通が試みられる様に変化していきます。

物質波の精妙化が広範囲に起こるため、静穏、静謐感が増し、時空間のエネルギー循環を促進させるアート様式が好まれるので、創造作品からは妙なる宇宙エネルギーを集積し発振する様、ダイナミックなハーモニーが起こってきます。

 


2006.6.9
「次元上昇に目覚めた私達」より(旧自然生活館)

..

<< 前へ | 次へ >>