宇宙の探索とコスモス電源器

 

宇宙(コスモス)のメビウスエネルギー循環について


コスモス電源器は2012年の12月に初代モデルが完成し、2013年2月に銀座藤屋画廊さんで展示公開しました。コスモス電源器という名前のモデルが、どの様な施行課程で誕生したのかその経過を報告します。

開発の始まりは、宇宙の大規模構造(large-scale structyre of the cosmos)を探索することが出発点になっています。

自然生活館HPで宇宙意識の振動層(ボディ構造)を平面図、立体図で描き生命活動を営む全ての存在は、最終振動層のシン帯(体)外周部に薄膜状態で貼り付けられた動的調和宇宙内に、存在することを図で発表しました。

8層の振動層で構成されるボディのエネルギー循環は、シン帯(体)から次への振動層流入はメビウスの形態をとりながら中心部のアーンプ帯(体)へ回帰する循環になり、その状態を展示報告会ではメビウス宇宙の概要で報告しています。

宇宙論の一つに「無とは何か」の研究課題があり、アカデニズム宇宙論が知り得る解説では、宇宙の原初(ビックバン以前)は無の状態から出発すると解かれています。無の様子は泡沫が明滅を繰り返す世界であり、生命の脈拍鼓動に同調するかたちで律動しながら、泡面は妙なる揺らぎでうねりが生じています。

では、無という宇宙の原初は何処に在るのでしょうか?

その答えは、ブラックホールとホワイトホールを繋ぐワームホール中の特異点に存在し、その場所は対極的なエネルギー流動が面対象位置で融合しながら一体化を完成させる、メビウス宇宙の神髄と言える特異な位置です。

自然生活館では特異点に在る泡世界を観察し、ブラックホール側から観た泡明滅状態と特異点を通過しホワイトホール側から観察した泡世界は、明滅が無く静止状態であることを確認しています。

上記の内容を詳細に観ていきます。
宇宙の大規模構造は、世界各国の天文観測機器でサーベイ網体制を造り、得られたデータでコンピューター解析を行い、無数の超銀河団(第三進化銀河団)同士が形態状へ集合しながら造り上げる、泡文様状態のエネルギー回路構成を明らかにしました。フィラメント回路(エネルギー通路)の結節点に超銀河団が密度濃く分布するため全体では網目構造の巨大な薄膜状の壁(グレートウオール)を形成しています。泡の網目を構成する回路の内側には超銀河団の分布は無く、空洞(ボイド)になることから、ボイドに充満すると考えられるダークマター(物質波の海)との関連が想定されています。

 

画像引用
Hubble Space Telescope Images | NASA

 


2013.7.28
「宇宙の探索とコスモス電源器」より( 旧自然生活館HP )

..

次へ >>