【波動値調査 -長野編-1】長野県の高波動値山岳美を満喫する


神奈川県の波動値紹介

長野県とは

長野市は、東京の西にある長野県の県庁所在地です。7世紀に建立された善光寺で知られています。善光寺のご本尊は一般非公開の「秘仏」で、それを模した前立本尊が7年に一度公開されます。近くには、温泉やスキー場がある日本アルプスが広がっています。この一帯にある野沢温泉、白馬、広大な志賀高原は、1998年冬のオリンピックの会場となった場所です。

Googleマップ  『長野県 概要』

長野県は観光ガイドで「信州」と呼ばれ岩手県、福島県に次ぐ面積を持つ観光資源が豊富な県です。東西に短く南北に長い地形の中には東日本と西日本がプレート運動で合体した糸魚川静岡構造線が県下を南北に縦断しています。

北西部の大北地域は飛騨山脈(北アルプス)があり、南東の上伊那地域には木曽山脈(中央アルプス)や静岡県境の赤石山脈(南アルプス)など、標高2000〜3000m級の大規模高山地を持つ海に接していない内陸県です。

日本の屋根と呼ばれる山岳美を愛する長野県民は、環境保護や地域医療への関心も高いことから平均寿命も長く、日本の都道府県で一番の長寿を誇っています。地域の特性を活かした経済活動が活発なので若い人達の県内就職率が高くなっています。

 

長野県の高波動値山岳美を満喫する


高妻山の山頂から見た黒姫妙高山方面の展望。


残雪の穂高稜線。

県内に大規模な2000〜3000m標高の連峰を持つ長野県は、中高年女性の登山愛好者が多数訪れています。彼女達が山の魅力に魅かれた理由は友人の誘いで登山の楽しさを体験し、積極的に自分で山行を計画する発展性へ変化しています。

山岳ガイドの組織も法人化され、ガイド付き登山ツアーが多種類、旅行社から出されて経済的自立を果した女性達は、山行を伴にする中で新しい友人関係の輪が広がる期待感もあり、登山の市場は今後も発展していきます。

日本第3位の高峰、3190mの穂高岳から槍ヶ岳への3000m稜線の縦走路は魅力あふれるコースですが、岩場が連続する岩稜コースで難易度が高く穂高初心者にとって、ガイド同行は必須と言えます。3000m森林限界の稜線歩行は初歩的な岩場登山技術が必要で、絶景と山岳パワースポットを満喫するには、無理を避けて自分の登山技量に見合うルート選択をお薦めします。

長野県の日本の屋根と呼ばれる山岳波動値の調査は、すべて登山路がある山を対象にしています。

 

次の記事はこちらから