2018年掲示板の記事まとめ

1. 2018年を迎えて




掲示板の皆様、新年おめでとうございます。

今年もよろしくお願い申しあげます。

昨年の秋に書籍「11:11アンタリオン転換」を読み、アセンションの真意になる二元性から一元性への具体的道筋を探求していました。

二元性は時間的要因から生まれており、心が描く現実世界は過去から現在への人生模様で、その具現化の大半は経験値から生ずる比較検討で実践行動を吟味し今という時を生きています。

一元性への転換はどの様なものでしょうか。
そのヒントが、最近レンタルした映画「メッセージ」にありました。

主人公は地球へ来訪した宇宙人の目的を知るため会話を試みます。会話が進む中で宇宙人達は未来を見通し、それを今に繋げるための行動をとっていると知らされます。

アセンションの未来は「愛と調和・光の行動」の原理、そして生命エネルギー配分は「許しと恩寵」です。

この尺度から、今の自分をみつめると言うヒントが映画でありました。

一元性の思考は高次元から三次元世界へ容易な展開を促す五次元への橋渡しです。


2018年 1月 8日

 


 

2. 女神の時代に響く天使の歌声

 


今冬は積雪日も多いですが太陽が輝く晴れの日も多くあり、福島市の道路事情は通常の状態を維持しています。

音もなく静かに雪が積もる夜は女神の光(ピンク色彩光)をイメージする瞑想をしますが、BGMとしてイザベル・サックリングの歌声をながしています。

彼女の歌声は天使を連想させます。
コーレ・アグニューやエヴァンコ、ヤネチコバなどの女性歌手は、美しい高音域で視聴者を魅了していますが、イザベルの歌声の特徴は高い透明感です。

フランク作曲のPanis Angelicus(天使の糧)は、天使から贈られた歌と言う歌唱でリラックスできます。


2018年 1月13日

 


 

3. 宇宙創造に関与する宇宙種族


数学の進化を紹介する番組で、アインシュタイン理論と量子理論の統合を見出すきっかけは、ブラックホール世界での素粒子運動を解明する試みを数学者の総力で行われて実際が説明されていました。

ワームホールの静的調和宇宙には、宇宙創造主(ソース)に繫がるセントラル種族が存在し動的調和宇宙の高次元存在(アセンテッドマスター)は互いに情報交流を行っています。

私達が知り得るブラックホールは、三つの場のエネルギー流動が収束し特異点に凝縮され対極の極性を持つホワイトホールから再び動的調和宇宙に溢れ出ています。

映画、「インターステラー」で宇宙飛行士クーパーは5次元の窓から娘マーフに地球を救うために必要な、宇宙方程式を解く量子データを5次元存在(セントラル種族)のサポートでアナログ変換通信で送っていました。

 


大宇宙から銀河系、身近な身辺の環境空間に至る時空間には、多様なブラックホールが存在しており人工的な波動経路(ブラックホール)が完成すると、私達はハイヤーセルを通してセントラル種族と会話できる様になります。

 

2018年 2月28日

 


 

4. 次元上昇機の進化を施策する


私達が次元上昇を実現して多次元の実相を理解するヒントは生命種へ保障されている生存権に関わる宇宙原理、「許しと恩寵」です。

この宇宙原理は、セントラル種族による無限の恩寵と銀河団を統括するアセンテッド・マスター達が許しの一元性を私達に問いかけて宇宙原理の達成が果たされます。

次元上昇時代の今日において、日本人は先頭を走るかたちで宇宙原理を体感しその普及を大和の心で世界に発信していく努めがあります。世界の雛形、日本が愛と調和に満ちれば世界も変わり人類は至福へ向かいます。

現在、次元上昇機の進化を施策しており静的調和の通路になるワームホールが生命体の心有り様で変化する段階まで進化してきました。

この機種の発表は春頃を目指し準備を進めています。

 

2018年 3月2日

 


 

5. 新しいステージに入った東北の高波動地


2018年3月20日を経過して東北のパワースポット地は著しい波動値の上昇が観られます。

このエネルギー上昇をもたらす大きな要因は、太陽光線のパワー増大で大気の透明感増大と特定地域から放射される光が強化され、その高波動地が眩しく感じられます。

ボルテックスのポータル地が出現しました。

福島県の天栄村にある大徳坊山と秋田県の田沢湖で、波動値は+2000超えになっています。

 

2018年 3月28日

 

 


 

6. 心のパワー(愛)が伝わる映画

 


映画インターステラーのクライマックスシーンで5次元存在から人間へ、メッセージ伝播の様子が描かれています。

主人公クーパーは高次元伝達者の案内で5次元グリッドに導かれ、滅亡から人類を救うための宇宙コロニー建設に必須の情報(量子数値)を5次元界から伝達されます。

情報を得たクーパーは、未来の5次元から来た知らせだと、受け身の判断をしていましたが誤りに気づき、今ここに居る自分が主体で招き入れた結果だと思ったのです。
この場面は示唆に富んだ内容であり極めて科学的です。

5次元の未来量子情報は、高次元空間から未来時間提示であり、5次元グリッドのクーパーは今その数値を得て3次元にいる娘マーフに、モールス信号の力を借りて信号を送信しています。

情報数値は形態の様子であり、心が操作する送信は時空間を透過する重力を人の気持ちがコントロール出来る様子を物語ります。

今回発表した光の浄化機は内面の心を見つめ、浄化の力が心を磨きワンネスの一元性へ重力コントロールという働きを心がサポートします。

 

2018年 5月 9日

 


 

7. 東北のボルテックスが増加しています


掲示板で福島県天栄村の大徳坊山と、秋田県田沢湖の高波動地を紹介しました。

さらにボルテックス(波動エネルギー渦地)が増加しました。

青森県の林檎産地を守る盟主の岩木山、果樹園を走行する五能線の車窓を開けると林檎の香りが列車内に漂います。

岩手県の北上山地にそびえ。高山植物の宝庫として登山者が多い早池峰山は古生層の蛇紋岩が隆起した山で、高波動地で特有の色彩豊かな高山植物群落が登山者の心を癒やしています。

青森県下北半島の聖地で参拝者が多い恐山は、ヤマセの風が強い地域ですが独自の高波動地を形成し亜界の下支えを行う場所になっています。

 

2018年 5月24日

 


 

8. 特殊相対性理論の世界を今に活かす


前回に投稿したブログ記事でタキオンを紹介しました。

記載の中でビックバン発生の前段でタキオンが生じたと書いていますが宇宙創成を経て今に至る宇宙空間でも随所にエネルギー、物質の対生成や消滅が起きており対生成、消滅の基になるタキオンの属性は反物質(マイナス極性・負の性質)とみなすことができます。

E=mc2乗で反物質を考察するとエネルギー、物質的には正になりメビウス流動の基礎原理(具現化の促しは正エネルギー)が洞察できます。

正、負の極性が一体化して現実の物質世界がありますから、地表世界で不足しているタキオン(負極性)を過不足なく供給すると生命圏では調和が促進され、正のエネルギーが充分に満たされますから生命活動の賛歌が至る所に表れます。

今回、発表した光の浄化機を駆動する電源器へタキオンを導入していますから浄化を補助する正のエネルギーが身心に供給されます。

製作者である僕の現状は、睡眠時間はさらに短縮され加齢による腰や膝の不具合が回復に向かっております。

 

2018年 6月 11日

 


 

9. 食料自給を高めています



次元上昇の現在、日本の国体を維持する機能の政官仕組みが壊れて壊滅的な危機を迎えています。

この様な現状から生活防衛も急務になっており、私達の家族は食料自給を高めるため野菜栽培に力を入れています。

自然栽培が基本ですから、畑の波動値アップは光の浄化機レベルの結界値まで引き上げ人工的な波動高圧帯を造りました。

この結果は、自然界から植物の活力を促す有用なエネルギーが畑へ流入する作用で波動バランスが維持されますから、前年より収量が大幅アップして野菜自体の旨みも増しています。

消毒や防虫対策は、虫除け木酢液とEM1号を波動水で希釈し、一週間に一回程度で葉面散布しています。この効果は、ウイルス感染防止や防カビで表れています。アブラ虫は若い芽の箇所に抑制されて繁殖しますが、葉を枯らすウイルス被害はありません。

この手法を取り入れた自然栽培林檎の育成も試みており、生育は順調に推移しています。梅雨入り、夏本番を迎える7月、8月を林檎の木の葉が密度濃くに茂る状態が維持されれば生育の山場を無事通過出来るので、摘果した実を守るため袋かけ(有袋林檎)しています。

毎日、畑の野菜生育を観察するのが日課になり、わくわく感を楽しんでおります。

 

2018年 6月11日

 


 

10. 福島市地域の果樹生育状況


今年の夏は連日35度以上の猛暑が続いています。
自宅菜園の野菜は高温続きで生育が早く、どの作物も生長のピークが過ぎて収穫量が減ってきました。

そのため、二期作目の種まき準備に入っています。

空梅雨で雨が少ないので水やりを欠かせませんが、取れた野菜の味はいずれも美味しく栗カボチャは絶品の旨みになりました。

私が住む地域は果樹園地帯です。
作付けは品種は桃が主力で、春先から好天に恵まれ多くの実が付きました。

少子高齢化が著しい果樹栽培農家の人手不足は深刻で、家族労働に頼る農家の桃は摘果作業が遅れて成りすぎた実の処理が間に合わず、小粒の生育状況です。

連日の晴天で桃は太陽光の恵みが充分にあり、とても甘くやや小粒の桃出荷が始まっています。

 

2018年 7月26日

 

 


 

11. 自分ができる天気予報



今回の台風12号による気象変化は、自分が天気を予測するための情報処理をどの様に行うのか教えています。

林檎の自然栽培を確立するので、日々の天気と環境変化に注意し果樹の管理を適切に行う必要性が高まっています。

林檎の実りを良くする決め手は、光合成を活発にする葉の状態がツヤ良く茂る密度が高い状態で維持されることです。

これらの条件を満たすため事前の天気予測は非常に大事になり、降雨が少なく猛暑と大地の乾燥が続く天気に対応するため、波動水の葉面散布実施を直観が教えてくれました。

さらに波動水効果を高めるため、埋設型環境エネルギー調和カードの波動値をチューンアップし+140万レベルに引き上げた結果、相乗効果が出て作物の美味しさが高くなりました。

僕が天気予測を立てる情報源はWindy.com です。

7月29日(本日)のWindyをみると上陸した台風12号による風雨、豪雨をもたらす雨雲の位置と今後の進路が時系列で読み取れて、猛暑の原因は日本海に面する中国大陸の大地と南の太平洋水温が25度以上になっており、南海上から湿った高温の風が12号へ流入する大気循環になっています。

台風12号の様な異常進路を進む天気状態は、次元上昇を合わて洞察すると科学進歩が宇宙文明へ正に入っている様子が伺えます。

私達は多次元的視野で実践行動する時に入っている様です。

 

2018年7月29日

 


 

12. 大変化の世界で果たす雛形日本の役割


惑星地球の文明を維持維持してきた体制は、宇宙視野で地球の歴史を学んできた人々に2018年の秋から世界経済は、量子経済金融への具体的転換スタートを明示しています。

その要になる国は世界の雛形である日本で、明治維新から続いてきた国体の枠組みは制度が疲労困憊し今は破綻の瀬戸際にあります。

日本国家の立て直しが急務なので、救国内閣が模索されている様です。

 

2018年9月23日

 


 

13. 世界の大変化に対応できる新日本の誕生


私達の思考を生み出す元は社会人として経験を積み、それを支えた知識、行動力です。
国家は国体の運営方法で多様に変化し、次元上昇時代に於いて衣食住の環境が今年の秋以降から大きく変化していく様です。

日本経済の運営は株価高値を維持するめ、量的緩和や年金資金をつぎ込んでいますが限界点に到達し危険信号が点滅しているので、アメリカと同様に金利が上昇し20年以上続いたゼロ金利が終わり、0,03%から0,12%の4倍に上がっています。

金利上昇は経済活動を減速させ、アメリカはさらに金利が上がり日本はそれに連動するので影響は世界経済に及び、いずれは世界最大の債務国アメリカがデフォルトします。

現在の経済状況では債務者が債権者より立場が有利なので、トルコもデフォルトのチャンスを伺って激しい駆け引きを行っています。

デフォルトは国際金融資本グループを淘汰しますから、資本主義社会の常識はひっくり返り新しい価値観の創造に入りますから、比較検討する物事の判断はできなくなり二元論から一元論へ回帰し、率直に感じ取る感性の豊かさが求められます。

日本は莫大な借金を抱える国で、債務国でありながら世界最大の債権国なので両方の立場を有しており、この理由で経済格差を解消し平等社会を築くための雛形国になります。

借金を積み上げる国債発行はできなくなるので、借り換えテクニックが使えず借金返済の先送りができないので、政治による安易な借金予算のバラマキをする政治家は淘汰されます。

政治行政の立て直しは有志議員がやるので、私達は地域に根ざす住民の輪で地方経済を活性化させる知恵を出す方向で団結し、新しい次元に相応しい雛形日本を造っていきます。

 

2018年8月26日

 


 

14. 水道の民営化について


水道民営化の法案は、国会で充分な審議を経ないで政府は成立を急いでいます。

法案の骨子は、水事業に民間会社が参入して水の管理を容易に行える仕組みをつくることです。

それと、水事業を利益対象にしても良いという中身です。

法案に関わる人達に知ってほしいのは、水は何かという理解力です。

自然創造の5つ要素は、光・陽、火、水、風、地・大地です。
この要素から生み出される自然現象に、水のエネルギー体が深く関わっています。

水が健全なすがたで存在しないと、五大要素も造られず生命維持も危うくなります。

水は自然を創造する大切な財産という理解で、法案の再検討を望むものです。

 

2018年11月25日

 

 


 

15. 水は未来を記憶している



12月6日に水道民営化法案は、与党の強行採決で成立しました。

水の5つ要素は次元上昇で波動値が上昇しています。
最近、時間の加速が一段と速くなり、一日が短く感じられます。

時間の加速は地表に到着するタキオン量の増大が関与しており時間の性質を持たないタキオン効果で、未来の精妙波動世界へ入る事が容易になっています。

欲から発する水管理利益は、未来と真逆位置になり命を守る水は波動汚染されます。

地方字自治体の皆様にお願いします。
安易に水管理を民間業者に委託しないで、命の水を守ってください。

 

2018年12月7日

 

 


読みもの






もっと読む