電源器とチューンアップの未来

電源器とチューンアップの未来

はじめに


この文章はチューンアップの目的とセッティング、最新の活用方法を皆さまにお知らせするために作成しました。現在、電源器をお持ちの方、チューンアップを完了済み、または検討中の方、まだ自然生活館の製品をお持ちでない方も電源器の詳細ページを参照しながら読んでいただければ幸いです。

 

チューンアップの詳細はこちらから

 

電源器の詳細はこちらから


2. チューンアップ仕様のアナログ電源器について


アナログ電源器は自然界の生体電気に含まれる情報を、電気機器へ連続的に安定供給させる電源器製品です。チューンアップ仕様で製作されたアナログ電源器は次元上昇時代の変化を捉え、高次元の意識転換を希求する電源 器稼働者へ気づきのサポートを行う働きが主体になっています。

 

3. 入力設定について


入力の極性合わせはアナログ電源器と同じ手順で行います。
アナログ電源器では消費電力が15アンペア以下の場合、場合によっては1本の入力コードでも設定可能になっていました。

チューンアップ電源器では高次元帯域までエネルギー発振の周波数が伸びています。そのため高次元周波数帯をカバーする情報収集は、宇宙本来の時間域を表す形態の二次元平面から取り出すことになります。

電源器の入力側が情報収集の場になり時間の取り出し口になります。

時間という二次元平面の情報系は、基本原則として二点間の形態になるので、電源器では必ず2本(二点間)の入力コードを用いた入力設定になります。

二本の入力コード差し込みプラグのピンを、極性確認(極性合わせ)したコンセントに差し込み、入力セットを完了させます。

 

4. 出力について


出力側(出力コンセント)は空間の場に相当します。

発振エネルギーの波動値上限は+1300 万レベルになっており光の領域に入っています。

チューンアップ仕様電源器の出力コンセントは、一部にアースピン対応の露出コンセントを取り付けています。接地型コンセント使用の意味は、環境空間の電位極性に電気器具の働きを同調させる試みです。

 

 

5. チューンアップ電源器の新たな活用


チューンアップ電源器に繋がれたエネルギー放射機器(次元上昇機等)の精妙域は虹色の光成分が増し、浄化作用が顕著です。この特性を活かす手段は、電源器に繋いだ電気器具から発振されるエネルギーを満喫しながら行う光の瞑想で、真の気づきへ自己を誘います。

次元上昇時代の今日、ブログなどでは世界中の人々が同時間からスタートする、合同瞑想への参加呼びかけが活発になっています。

合同瞑想を行う目的の意味が明示されている取り組みは、地球浄化の為のポジティブエネルギーを環境空間の集合意識に集積し、世界の人々が愛と調和へ向かう足並みを厚く支援する、平和運動へ具体化としての個人参加です。

チューンアップ電源器やナノ電源器の活用は、時間と空間の理解を深め、人類の心パワーがどの様なかたちで次元上昇に関与していくのか、その道筋を明らかにしてくれます。理解の手懸かりは、ソース(創造主)の意志反映は 各個人が感じ取る生活の場へ降りてきてソースと面対象を形成する鏡面世界に刻まれる個人場という真理に気づくことから始まっていきます。

 


2017.10.12
「電源器とチューンアップの未来」より( 自然生活館ブログ )