画像「回転球体素粒子振動波」について

自然生活館のトップページの画像について説明します。

画像は波動世界の根源になる「回転球体素粒子振動波」図形です。
回転球体素粒子が28回の楕円螺旋回転運動を行って、公転軌道を描いています。
自転と公転、それはアナログ世界の第一歩になる複合課程の始まりです。

 

 

28と言う数字を9進法で観ると3:1になり、9 × 3 = 27+1 = 28の表示です。9進法の計算は第1進化銀河団の星座文明で行われており、数字3は物質波、電磁波、磁気波の組み合わせを示し、1の加算で4の大地が生じています。

回転球体素粒子の運動継続から、大地に支えられた生命活動と自然環境が創造されることを図形は物語っています。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 


2016.3.14
「トップページの画像『回転球体素粒子振動波』」より( 自然生活館ブログ )

 

 


読みもの






もっと読む