地震と災害の本質


地震情報で報道される光景は、倒壊した家屋の残骸や生存者を探す被災者、各所で破壊され寸断しているライフラインの現状と人間社会の機能停止状況を放映しています。

地震発生の原因はプレートの歪み蓄積エネルギーが限界点に達し、そのエネルギーが地殻に放出され生じています。

地球は地表部の地殻、マントルという高温の液体、中心部の核(コア)の構成で造られ、核の構造は外核(液体)と内核(固体)になっています。マントルの温度は約1500~4000度、外核は約4000~6000度、内核は約6000度以上になっています。地球の内部はこの様に高温で温度という電磁波と高圧の磁気波という働きが活発になっています。

マントルとコアに液体と固体が存在する理由は、地球の第6時空元が調整という原理の働きを持つからです。液体の性質は単体の原子が回転運動してエネルギー化し、個々の原子エネルギー種類が多数集合して造られているエネルギー化した物質で、固体は原子核も原子も静止して手を結び分子になり物質化しています。

地球内部に性質の異なる物質を大量に保有することで、地球生命体に過不足なく生命維持に必要な物質波、元素を供給しているのです。

地球の生命維持環境をコントロールしているのは地球の調整という原理と、太陽の第7時空元の働きである遍在原理、双方の働きです。大気の循環から生じている気候や大気の組成維持仕組み、気温など多様な事象が両者の働きから生まれています。

コントロールのなかで私達が気づいていない調整原理に基づいた重要な働きがもう一つあります。地球上には多様な生命種が命を育んでいますが、自然の摂理の道から外れ、生命種固有の役割を果たすことなく不調和を積み重ね、死でボディを失った本質生命体は自身の振動周波数が低下して荒くなり、カルマの再生が不可能なほど形態が歪んで重くなっています。

この様な本質生命体は地球の内部に潜って行き、コアの外核、内核接触面付近で本質生命体の中心振動層、アーンプ帯が波動分解され輪廻転生のボディ再生情報が消去されます。外核の高温液体で他の振動層が分解され、情報伝達の性質を持つ外核の液体がマントルに分解情報を伝え、マントルで宇宙、自然の学びのスタート、鉱物への再生とそのカルマが書き換えられ、あるがまま、なされるがまま、火成岩として学びの再出発をしていきます。

この地球内部の働きは、地球自身が太陽のサポートで誕生させた生命種に関与できる、許された唯一の取りうる愛の手段です。現在は100年前に比べ1080倍の高い増加率で進退窮まった不調和な本質生命体が波動分解され、この影響が地球自身の次元上昇に複合的影響を与え、地震多発の一つの原因になっています。(※人間の本質生命体が最も多く波動分解されている。本質生命体履歴地球で誕生した本質生命体・42億年前後経過、25000回前後の輪廻転生。他星から移住してきた本質生命体・150億年前後経過、75000前後の輪廻転生)

地震で壊れた家屋などのモノは、物質に人間の手という意志と意識の力が作用してできた形です。波動の複合作用からみると物質に人間の意志(電磁波)と意識(磁気波)が関わって物質の形態が作られています。地震による構造物の破壊や消滅は物質が形態を失い、再生されるまで一時、エネルギー化した状態になっています。

自然界に存在する大多数の物質や形態は物質波、磁気波、電磁波の三位一体系の組み合わせから生まれています。この一体系は、一つの振動波が変化すると、残された二種類の振動波が直ちに最初に変化した振動波の周波数に同調共鳴する働きがあり、地震エネルギーという磁気波の振動周波数に物質波、電磁波が同調共鳴するので、地震で被災し一時、エネルギー化した物質の現象が現れてくるのです。

人間は大きな地震があると大半のものが被災するという被害者共通認識を持っています。この共通認識は潜在意識化されながら生命共通超意識として時空間に刻み込まれ、あらゆる地球上の生命存在に繋がっています。人は通常、地震がきたら、いろんなモノが壊れ、仕方がないと思っています。この想いが地震災害を引き起こしています。

不調和な自然界の事象を造っている各種の生命体は、自ら好んで不調和状態に身を置いているのではなく、人間が出す強いエゴの振動波に干渉され、強制的に歪めさせられているのです。その様な状態に地震エネルギーの浄化作用が働くと、人間の地震だ!モノが壊れるという、霊長類のトップとしての強い想念出力が超意識を刺激し、壊れてくださいという指令を自然界に発振しますから、自然界の事象はこの指示を率直に受け入れて、地震エネルギーの磁気波に同調共鳴し、形を消滅させるなど地震災害が発生しているのです。

人間はこの様な地震発生の仕組みと災害の本質に気づいていません。防災手段は地震の本質から学び、エゴからエヴァへ、人間の意識を転換させれば自然界の事象は、共通超意識界も含め、地震の波動に同調する理由がなくなるという意識の転換が必要です。それには個々の方の愛と調和に表現される意志と意識のもとで実践に裏付けされた精神性と確信が要求されています。

 

 

 

こんな記事もどうぞ


 


2005.4.14
「地震と災害の本質」より(旧自然生活館HP)

 

 


読みもの






もっと読む