光を見つめて


 

2016年の時間も終わりに近づきました。
地球や宇宙文明は次元上昇によって大再編時代に入っていきます。

今の宇宙は12回目の生まれ代わりですが、人間は初回の宇宙創造時に既に人類として光と共に誕生しました。そのため人間は光という創造神(ソース)の化身と言えます。

自己を光の存在として強くイメージするため、ミラー台のLED照明電源を充電可能な電池にして、ナノ電源器のパワーを充電しました。

第三進化銀河団の光に照らされた水晶の輝きは、光と共に生きる勇気を与えてくれます。

 

 

 


関連する投稿

  • 【占星術】ドラゴンヘッドから前世を読んでみる【占星術】ドラゴンヘッドから前世を読んでみる 占星術では誕生日や出生時間を使い、ホロスコープという天体の配置図を用いて個人を占います。個人の天体図では占星術による計算式から惑星や星座以外にもドラゴンヘッドとドラゴンテイルという感受点が […]
  • 久しぶりの大雪久しぶりの大雪 池や木蓮、ラベンダーのハウスを雪が覆っています。夏に収穫を楽しんだ小さな畑も雪にすっぽり。 1月15日、全国各地で大雪が降りました。自宅の庭にも雪が積もり、高さは60cmほど。 今冬は […]
  • コロナ以降の文明転換コロナ以降の文明転換 東京では第二波と予兆されるコロナ感染が増えてきました。 海外のブラジル、中東のイラン、米国では感染の勢いが盛り返して収束の見通しが立ちません。 この様な状況で既存の経済システムに依存し […]
  • 【自然生活館の写真編集】Lightroomの使い方【自然生活館の写真編集】Lightroomの使い方 こんにちは。いつも自然生活館をご利用いただきありがとうございます。本日は当館のHPを作る上で欠かせない写真編集ソフトLightroomを、写真を撮るすべての人に向け紹介します。 &n […]
  • 【新・地球史2】ネガティブの導入と推移【新・地球史2】ネガティブの導入と推移   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   2. ネガティブの導入と推移 銀河系を母体にして多彩な星座文明を発展させた知的類人の思考と属性はネガティ […]