ボディ振動層のコーザル体を構成するギマネ波について-2


飾り付けされた花々の写真

 

前回の続き(前回の記事はこちらから)

 

宇宙のボトムアップ創造論の再構築や次元上昇の終了時代に入り、人類は宇宙の視点から時間の概念を考え直す(コーザル体の世界観)絶好の機会になっています。

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したディープフィールドの超銀河団光年観測による距離測定は過去の宇宙を探るものになっていますが、私達人類も宇宙生命のボディにあるコーザル体エリアで生命活動を営む事を考慮すると、進化を促す新たな時間の誕生は、一つのボディという衣を脱ぎ去り振動数が変化しないコーザル体の波動値を、定常から未来化へ促進させて振動数が上昇するものと見方を変えることもできて、観測された最遠の銀河団は未来から送られた映像と考えてボトムアップ宇宙論を発展させることができます。

日常生活で私達を包み込むコーザル体の波動値は、既に次元上昇で高くなっていますから霊性進化に乗り遅れた人々は、時空間の変化推移に気づき猛勉強を始めないと、自身のコーザル体波動値のシフトダウン(自然界の波動値が上がり、自分が現状維持だと結果的には自身の波動値低下)が起こります。動物レベルまで波動値が低下すると人間としての魂は消失に至ります。
魂がなくフィジカル(肉体)体の感情で生きる人は肉体を失う死後は、輪廻転生する事なくギマネ波の働きで振動層の波動分解が起こりクオークへ変換されます。

2019年の秋から志のある方は猛勉強の時間に入ります。今まで公式なものとして社会から認証されてきた公的嘘事実の枠組みが、膨張経済の終焉と共にメッキが剥がされ事の真相が次々と炙り出されます。勉強が進んでいる方は何故、嘘が捏造されたか事の真意が解ってくるので、その解析力を基にして自分に手応えと自信がついてきます。
自己の自身力は個性の才能を開花させ、時代の先端を切り開く道を開きます。

世界の経済状況を観ると、明らかなのはグロ-バル膨張主義の終焉です。アメリカ(デフォルト危機)、中国(財政危機と国の分割)、欧州(ドイツ銀行破綻)のグローバル経済は終わりに入っており、この国のトップ達はグローバルに盲従する日本政府の姿勢に懸念を示す様に、現内閣は変化を余儀なくされて変わります。

ユーロ経済に別れを告げてからあまり目立ちませんが、底力を発揮して国の立て直しに努めているのがイタリア経済です。イタリアは多彩な独自才能が集まっている国で、それぞれが将来展望を持って個性を集合させ、地域に根ざした経済確立を進めています。

日本は世界各国に観られない特色があり、縄文時代から江戸時代まで数万年間、国家を治
める絶対君主が存在する事無く、統治を維持してきた神界が見守る和の国です。
明治維新から現在まで欧州の黒い貴族(ハイアラーキー)に属国扱されてきましたが、独立国家の実現が視野に入って来たので多彩な志が再復活を果たし、イタリア型の国家再建が始まっていきます。

 

参考
藤原直哉のインターネット放送局

 

 


関連する投稿

  • 波動値測定と表示数値を読み解く意義について波動値測定と表示数値を読み解く意義について 波動値測定と表示数値を読み解く意義について 波動値を測定する数種類の機器が各社から販売されています。測定精度が高く信頼されている機種は研究、開発業務等に関わる分野で使われており、購入価格 […]
  • トップページの画像「回転球体素粒子振動波」トップページの画像「回転球体素粒子振動波」 自然生活館のトップページの画像について説明します。 画像は波動世界の根源になる「回転球体素粒子振動波」図形です。 回転球体素粒子が28回の楕円螺旋回転運動を行って、公転軌道を描いていま […]
  • ニューサイトオープンのお知らせと製品情報ニューサイトオープンのお知らせと製品情報 現在、アナログ電源器と次元上昇機がそれぞれ1台ずつ即納可能です。 先着順になりますので、購入を希望される方はご連絡くださいませ。 (お申し込みはストアページよりお進みください) また […]
  • 沖縄の先史から縄文日本の本質を探る-1沖縄の先史から縄文日本の本質を探る-1   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   令和の時代に入り沖縄の先史へ旅立ち縄文日本の本質を探ります カシオペヤ星座文明の霊導で生まれた先史に […]
  • コロナ以降の文明転換コロナ以降の文明転換 東京では第二波と予兆されるコロナ感染が増えてきました。 海外のブラジル、中東のイラン、米国では感染の勢いが盛り返して収束の見通しが立ちません。 この様な状況で既存の経済システムに依存し […]