ジェイムズ・ウエッブ宇宙望遠鏡(JWST)が見た最遠銀河画像の考察から


望遠鏡

ジェイムズ・ウエッブ宇宙望遠鏡(JWST)が見た最遠銀河画像の考察から

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(ジェイムズ・ウェッブうちゅうぼうえんきょう、英語: James Webb Space TelescopeJWST)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が中心となって開発を行っている赤外線観測用宇宙望遠鏡である。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機であるが、計画は度々延期され、2021年12月25日に打ち上げられた[1][5]

JWSTの名称は、NASAの第2代長官ジェイムズ・E・ウェッブにちなんで命名された。ウェッブは1961年から1968年にかけてNASAの長官を務め、のちのアポロ計画の基礎を築くなど、アメリカの宇宙開発を主導した。かつては「次世代宇宙望遠鏡」(NGST / Next Generation Space Telescope)と呼ばれていたが、2002年に改名された。

James Webb Space Telescopeのすべての部品が展開された状態のCGイメージ

James Webb Space Telescopeのすべての部品が展開された状態のCGイメージ

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡より

 

太陽を回る地球の公転軌道系で深遠宇宙の観測に適したラグランジュL2点で、地球を回るジェイムズ・ウエップ宇宙望遠鏡(JWST)はハッブル宇宙望遠鏡が撮影し数千個の銀河を探索した深遠宇宙の座標でJWSTが捉えた最遠銀河の姿は、超銀河団のエネルギー循環が造り出す多くのブラックホール特異点(全宇宙生命種の物質波集積点)からホワイトホール時空間へ湧出した進化過程の最遠銀河を、ブラックホール重力レンズの働きで星々の光が湾曲し写り込む映像群に埋もれた赤方偏移銀河映像として捉えています。

超銀河団神の宇宙情報は銀河団神を経て、多次元界を担う人格神の創造を司るアディ界へ伝えられますが、宇宙顕現の開示情報を伝播する役割は光速を超えるタキオン亜粒子が担っているので、3次元で狭義のボディを持つ人間の探知感覚では光速超えの時空間情報は見えていません。

 宇宙 

JWSTが捉えた最遠銀河画像の実際は、銀河団が展開しタキオンが伝える宇宙創造界の瞬時を宇宙望遠鏡のカメラが切り取り、その映像を観ながら私たちも同時に超高速で動くエネルギー流動の時空間を移動している事になります。

事例として私達が光速を超える事象を観察点から見ると、光速超えで近づく事象は進む時間が逆転して出発点へ戻る方向で時間が引き延ばされて遠ざかり赤方偏移化します。

見えていない光速超えで観察点を通り過ぎた事象は赤方偏移化して遠方に進みます。

その為にJWSTの最遠銀河画像の赤方偏移は、時間逆転で生じた赤方偏移と観察点を通過し遠ざかる赤方偏移銀河の二種類が映り込んでいます。

映画インターステラー が描く、主人公がブラックホールを通過後、5次元存在が造り出した重力場の窓を通して娘に重力を解析する方程式の情報を伝える場面を思い起こし、ビックバン宇宙論の展開を超える静的宇宙の実相解明が期待されます。

JWSTが捉えた最遠銀河の赤方偏移と多数のブラックホールは、ビックバン宇宙論を超えた静的宇宙の時空間に誕生する多様な銀河系の特徴を伝えています。

各銀河団神の特性に応じて銀河団エネルギー循環で生じたブラックホールは、特異点にその特色が表れており、未発達の小さい銀河は物質波の集積が小さく、熟成し規模が大きな銀河は集積度が高くなっています。

銀河系のブラックホール特異点は万物の霊性進化程度に応じた物質波の振動波帯域が集積したメビウスの流動地点で、重力渦流の右回転から左回転に転換するポイントになっています。

 

宇宙

 

超銀河団のエネルギー循環に同調する静的宇宙での次元創造は、エネルギーが回転して物質を生じ、物質が回転してエネルギーが生まれる時空間で人格神、5次元存在が役割を担い、アディ界へ2次元平面の配列に沿った直行で振動波集積(オイラー、リーマン予想の素数座標配列)を行い、マインド(心の働き)が生まれる精神的根本原理(プルシャ)を内包する時間と空間が一体化した素粒子亜空間で、意志に対応する渦流(重力・時空間)の形態が生まれました。

2次元平面の形態を造る素粒子はさらに回転運動で平面状に直交する(3次元的立体)のエネルギーが生じて、物資的根本原理(整数で構成されるエネルギー・プラクリティ・意識)を造り出しアディ界に与えました。

私達は多くの宇宙論査読で時空間の根元理解に近づいていますが、アインシュタインが提唱した時空の歪みから重力場の研究が進展し、重力と渦流を伴う宇宙の生命進化形態に銀河系の働きがあり、真相解明に役立つJWSTの深遠銀河団画像を活用したいものです。

 

 

環境調和カードのご案内
 
 
 
環境調和カードなど
自然生活館の商品は
こちらから

詳細をみる

 

 

 


関連する投稿

  • 【新・地球史2】ネガティブの導入と推移【新・地球史2】ネガティブの導入と推移   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   2. ネガティブの導入と推移 銀河系を母体にして多彩な星座文明を発展させた知的類人の思考と属性はネガティ […]
  • 秋の夕秋の夕 最近は福島も肌寒く、雨がしとしと降る日々が続いております。 晴れた日の夕暮れは、ひとつひとつの雲の形状が鮮明です。 小さな暇を見つけては、大きな空を見上げ、地球環境の変化に思いを馳 […]
  • ニューサイトオープンのお知らせと製品情報ニューサイトオープンのお知らせと製品情報 現在、アナログ電源器と次元上昇機がそれぞれ1台ずつ即納可能です。 先着順になりますので、購入を希望される方はご連絡くださいませ。 (お申し込みはストアページよりお進みください) また […]
  • お知らせとこれからお知らせとこれから   こんにちは。いつも当ホームページをご覧いただきありがとうございます。 2022年の1月、私たちの家族の1人が病気で旅立ちました。 新しい生活を始める為の残務整理に時間を […]
  • チューンアップ続々チューンアップ続々 いつも自然生活館をご利用いただきありがとうございます。 当館では皆さまに製品のご注文をいただき、いつも感謝の気持ちを持って製作に励んでおります。また、納品をお待たせしているお客様に恥じな […]