【魂の救済-3】日本国旗の真理


薔薇の写真

 

前回の続きです。(前回の記事はこちらから)

 

日本国旗の真理

白地に赤い円が描かれた日本の国旗は、太陽と月光を象徴し陰陽のバランスを表現しています。

太陽系にある惑星と衛星の関係を地球に該当させると、月と地球の直径比率は1/4で衛星としては不釣り合いの大きさになっています。地球誕生の頃、衛星は有りませんでした。月の成因は外的要因になり、太陽系外の知的類人が地球環境を精査して地球に衛星が必要と判断し、地球の座標へ時空間移動で運んだ衛星のプレゼントです。

月の存在意義は地球海洋生物の生命活動に好影響を与え、鉱物種と植物種の生育調和を深め緑豊かな自然環境が育っています。

太陽の周りを回る地球は、太陽の自転と重力が地球の公転軌道に相当する時空を凹面化して地球への重力を収束し、豊かな生物種を育む環境が維持できる絶妙な公転軌跡の配置になっています。

太陽は巨大な「レプリケーター(自己複製機)」で宇宙の背景エネルギーを取り込み、各惑星に必要な物質を作り出して公転軌道面へ放射しています。

地球への恵みは光合成に必須の日光や気温、最大の恵みは水蒸気を造って海洋に覆われた水の惑星、地球を育んでいます。

日本国旗の深い理解は、霊性意識の高次元存在である太陽、地球、月の働きが三位一体構図で作用し、地球の霊性を深める日本の役割を示しています。

 

参考文献

コーリーグッドの情報
シャンティ・フーラ相対性理論の情報
ホツマツタヱの情報
雑誌ニュートン「無」の物理学
雑誌ニュートン「次元とは何か」
相対性理論の神話(デニソフ著) 「物理の道すがら」より
Wikipedia(特殊相対性理論)
自然生活館(波動の法則の記事)

 

次の記事はこちらから

 

 

 


関連する投稿

  • 福島県浜通りへ神社参拝福島県浜通りへ神社参拝 北風の冷たさが感じられる11月21日に浜通りの神社へ参拝しました。 東日本大震災から9年が経過し、東北中央道が整備されて福島から相馬市は短時間で往復できる様になりました。 21日の土曜 […]
  • ブリューゲル展へブリューゲル展へ ピーテル・ブリューゲル2世 野外での婚礼の踊り 1610年頃  Private […]
  • 初夏を巡る初夏を巡る 6月は例年ならば梅雨で出歩くことが少ない季節ですが、今年は毎週お天気が安定していたので福島県の名所に散策に行くことができました。その時の写真をご紹介しようと思います。 . 木漏れ日 […]
  • 雨の晴れ間に雨の晴れ間に 8月は天気が優れず、毎日湿度が80%を超えて気分が冴えない日が続きました。 庭の草花も無造作に伸び、今までにないくらい背丈が高く育っています。 画像は晴れの日にカメラを持ち出し撮影 […]
  • 早春の会津磐梯山早春の会津磐梯山 雪が残る磐梯山の頂。猪苗代湖の志田浜から望む展望。   快晴の日、雪の便りが絶えない会津に行きました。 国道115号線は例年より雪解けが進んでおり春夏と同じ路面状況で私 […]