ブラックホールの深遠な役割-1


black hole by nasa

ブラックホールの深遠な役割

いて座Aスターという、いて座Aに存在するコンパクトで強力な電波源の探査は波長1㎜前後の帯域で観測できる電波望遠鏡を用いて行われ、いて座Aスターという天の川銀河の巨大ブラックホールが特定されました。

おうし座の51番星(6等星)、53番星(5等星)の座標に存在するセントラル族は天の川銀河にあるセントラルサンの維持管理を行う役目の高次元生命体です。

次元上昇を起したセントラルサンは高次元領域のブラックホールで、いて座Aスターと一体化して存在しており、ブラックホールの特異点に繋がるワームホールは強い重力磁場があり、事象の地平線で超高速回転しながら眩い高温の白色光を放つ降着円盤のエネルギーを、磁場が生じさせる粘性で徐々にワームホールに落としこんで重力を解放し、虹色(浄化の色彩)の光ジェットへ変換し放射しています。

発振される光りには特異点の量子エネルギーが含まれているので、宇宙の全生命種が最終到達点で学んだ進化体験記憶が量子運動に織り込まれ未来からの情報として次元上昇に活用されます。

銀河の活動が宇宙生命の進化を目指すものなら、その中心には必ずブラックホールが存在します。ブラックホールの役割は現宇宙生命が為し得た自然の法則性を初源に回帰させ、知的生命体へ未来からの情報として生命の営みに活用出来る様、現在へ伝えるボトムアップ進化論を促進します。

 

画像引用
https://www.nasa.gov/feature/goddard/2019/nasa-visualization-shows-a-black-hole-s-warped-world

 

参考文献
ウイキペディア
本間希樹著・巨大ブラックホールの謎
シャンティフーラの情報
ハッブル宇宙望遠鏡の天体写真集

 

次の記事はこちらから

 

 

 

 


関連する投稿

  • ブラックホールの深遠な役割-2【セントラルサンエネルギーの実用化】ブラックホールの深遠な役割-2【セントラルサンエネルギーの実用化】   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)  セントラルサンエネルギーの実用化 未来からと言う情報の追認で「デニソフ理論」から導かれる光速超えの領域で […]
  • 新・次元上昇機のチューンアップによせて-1新・次元上昇機のチューンアップによせて-1 […]
  • 5月の庭5月の庭 柵に絡みついたアケビの花。      お手製のレンガの花壇。 近くで見てみると…。5月も中旬を過ぎ、自宅の庭の植物が […]
  • 皆さんとつくる自然生活館皆さんとつくる自然生活館 いつも自然生活館をご利用いただき誠にありがとうございます。 本日は楽しいお知らせがあります。   この度、10月に開催した「自然生活館のセミナー」が映像になって帰ってきまし […]
  • 秋の食支度秋の食支度 最近は朝晩の寒暖差も大きくなり、いよいよ本格的な秋冬の気配が我が家にも訪れました。自然生活館の仕事の傍ら、家の修復や畑作業など、やることが山積みの毎日です。 今夏の長雨にも負けず畑の苗の […]