【新・地球史3】金融資本経済の原型はオリオン星系からきた


紙幣と銀行

 

前回の続きです。(前回の記事はこちらから)

 

3. 金融資本経済の原型はオリオン星系からきた

キメラ、アルコングループが地球に移住する際、奴隷としてドラコ(龍類人)、レプティリアン(爬虫類人)を連れて来ました。
※ポジティブ派を代表する龍類人は、りゅう座α星ツバーン星系のブルードラゴン人で その教えは「近思録」(道体篇)に表れており、太極→陰陽→五行→万物の体系に反映されています。

彼等は中国成都のボルティックスから5000年前に地球へ降り立ち三星堆文明を創出しています。

さらに地球人の奴隷化を進めるため、キメラは連れて来た奴隷を使って26000年前に地上の住人にインプラントを強制的に埋め込みました。インプラントは電子位の大きさでプラズマが螺旋渦流回転しており人間の主体性エネルギーを渦の底に落とし込み無気力にさせます。

この処置で人々は前世の記憶を喪失し、宇宙の原理に反するカルマの法則がアルコンの暗躍で定着しました。

人生の苦しみを容認する人々は支配者の意識、指示に同調する様になり奴隷化が進んでいきました。オリオン星系で生まれた経済は社会の上位が下層から富を収奪する搾取型で地球用語で表現すると「バビロニア借金奴隷経済」になります。この制度が地球へ持ち込まれ、多様な変遷を経て現在まで続いています。

 

次の記事はこちらから

 

 

チューンアップのご案内
 
 
自然生活館では引き続き
チューンアップのご依頼を
受付しております

詳しくはこちら

 

 

 


関連する投稿

  • 【観光】会津の桜名所を訪れました【観光】会津の桜名所を訪れました 猪苗代湖に浮かぶ遊覧船たち。   会津の桜名所を訪れました  福島県の会津地域シンボルは猪苗代湖です。磐梯朝日国立公園に属し日本の湖では第四位に入る大きさで、標高51 […]
  • 人間を包み込む自然界の次元上昇終了人間を包み込む自然界の次元上昇終了 ホツマツタヱのフトマニ図に表される天津神界、国津神界の神々配置は2016年で天界の改革が終了し、真の光を担う神々が宇宙創成から物質次元まで配置されました。 それに伴い、地球の自然界は次元 […]
  • 7月の庭7月の庭   リンゴの自然栽培を目指して、ナノ電源機レベルに環境調和カード埋設用の波動値を高めて制作し、一部を自宅の庭にも設置しました。 その効果は早速表れ、ミニトマトは短時間で巨大化 […]
  • 天体写真からよみとるHαの光天体写真からよみとるHαの光 天体写真から宇宙の情報を収集するため夜空の星を撮影していますが、既存のデジタル一眼レフカメラでは […]
  • 新サイト開設1周年新サイト開設1周年 いつも自然生活館をご利用していただきありがとうございます。 2017年3月12日で自然生活館のサイトがリニューアルされてから一年が経ちました。 旧サイト時代は元より、このブログもた […]