2022年以降の調和波動地発露


福島県福島市の観光名所、一切経山頂上の五色沼(魔女の瞳)

福島県福島市の観光名所、一切経山頂上の五色沼(魔女の瞳)

 

ネット検索で人気の場所、福島県の会津磐梯山、猪苗代湖や磐梯吾妻スカイラインの浄土平周辺の山々安達太良連山は、地球浄化終了の2022年秋以降に訪れる新波動値を時代先取りするかたちで発露しています。

この地域は地元にとってうれしい悲鳴の人気地で、いつも満員盛況の賑わいです。

詳しくはこちら
https://www.f-kankou.jp/spot/nature/1699

 

この環境地で労働生産に関わる人々の動きは、日本の今後を支える地域リーダーの輩出を応援する脱利権型経済を加速させる動きと考えています。

北海道の大雪山系にも時代先取り+60000位の(波動地・値)が出現し人文の大交流に繋がるロシア・アラスカのベーリング海峡海底トンネルの建設が認可され鉄道網の拡充で北海道、ロシアが海底トンネルで繋がれば、北海道の大飛躍が実現します。

全国から集まり満員盛況を造り出している人々の集合意識を、浄土平で体験した私はコロナ後に現れてくる日本社会の構造が二つの大変革を乗り越えて、横型ネットワークの自然共生経済に
社会の仕組みを変えていく為の心の準備つくりで、この地に集結している様に感じられました。

コロナの世界的流行爆発(パンデミック)により経済恐慌が発生し、時間とお金で動いていた利権主体の特権階級は(シンデミック)で彼らの拠り所が生み出している矛盾が噴出して激しく瓦解し、上級国民と称されるエリート層は茫然自失の後、消えていきます。

「国破れて山河あり」後の世相で心の準備に勤しんだ人々は、大自然の懐に抱かれる絶対安心の生活イメージから具体的な自然共生経済システムへ歩みを進めていきます。

宇宙、大自然は私達に素敵なプレゼントを提供している様です。

 

2020.10.8
自然生活館の掲示板より

 

関連する記事はこちらから

 

環境調和カードのご案内
 
 
 
環境調和カードなど
自然生活館の商品は
こちらから

詳細をみる