【波動値調査書 -京都編-4】洛西(右京区、西京区、長岡京市)エリアの波動値紹介


洛西(右京区、西京区、長岡京市)エリアの波動値紹介

 

前回の続きです。(前回の記事はこちらから)

 

洛西(右京区、西京区、長岡京市)エリアの波動値紹介

教他市街の西側を南北に通る西大路通りの西側から、亀岡市の市境や大阪府の境まで広がるエリアが洛西です。

 

洛西

京都の右京区、西京区、長岡京市のエリア。
金閣寺、龍安寺、仁和寺といった世界遺産が連なる「きぬかけの路」では、華麗なる北山文化と名刹を堪能できる。嵐山・嵯峨野では、桜・紅葉・竹林が織りなす古都の四季に浸ることができるエリア。

京都観光案内サイトより

右京区

右京区は、京都市を構成する11区のひとつ。市内西北部に位置し、旧京北町合併後は京都市の区の中では最大の面積である。 区南部は古くは都の皇族や公家の別荘が点在していたが、現在は主として住宅地になっている。 区西部や北部は山間地である。かつては山国郷の木材が桂川を下り、下流の嵯峨・梅津などで陸揚げされて京都に運ばれた。

Wikipediaより

西京区

西京区は、京都市を構成する11区のひとつ。桂川以西の西京区と、乙訓郡をあわせて、西ヶ岡あるいは西山とよばれる。 山科区と同時に誕生した、京都市で最も新しい区のひとつである。 関西地方で広く食される西京味噌はさいきょうみそと読むため、よくさいきょうくと読み間違えられる。

Wikipediaより

長岡京市

長岡京市は、京都府の南西に位置する市。

Wikipediaより

 

 

右京区の地図

 

西京区の地図

 

長岡京市の地図

 

 

洛西(右京区、西京区、長岡京市)エリアの波動値

調査建造物・史跡・地形波動値調査建造物・史跡・地形波動値
【金閣寺(鹿苑寺)周辺】
妙心寺+240
金閣寺+120
【太秦(うずまさ)周辺】
京都府立堂本印象美術館
+60法金剛院+300
龍安寺+140広隆寺+300
龍安寺石庭+540東映太秦映画村+20
立命館大学・国際平和ミュージアム+40
【松尾大社周辺】
等特院+80松尾大社+90
蓮華寺+90苔寺(西芳寺)+130
仁和寺+110京都花鳥館+80
桂春院+80鈴虫寺+80
大心院+100地蔵院(竹の寺)+80
退蔵院+90

 

調査建造物・史跡・地形波動値調査建造物・史跡・地形波動値
【嵐山・天龍寺周辺】
清涼寺(嵯峨釈迦堂)+100
天龍寺+130直指庵+100
野宮神社+80宝筺院+90
嵐山オルゴール博物館
+60
【清滝川沿い高雄、槇ノ尾、栂ノ尾、周辺地域】
嵐山公園+80高山寺+120
渡月橋(保津川)+70西明寺+110
嵐峡の散策(保津川下り)神護寺+110
カエル岩+90
【大原野・長岡京周辺】
二股の瀬+100大原野神社+100
孫六岩+90金蔵寺+100
保津橋+80勝持寺+100
ライオン岩+90宝菩堤院願徳寺+110
【嵯峨野周辺】
正法寺+110
祇王寺+90十輪寺(なりひら寺)+100
博物館 さがの人形の家+100三鈷寺+100
化野念仏寺+80善峯寺+110
二尊院 +100光明寺+110
常寂光寺+110乙訓寺+100
【北嵯峨野周辺】
長岡天満宮+100
旧嵯峨御所 大覚寺・門跡+110

 

 

次の記事はこちらから

 

 

 


関連する投稿

  • 天空のハーモニーでのセミナー案内です天空のハーモニーでのセミナー案内です 春本番を迎える4月14日(日曜日)、天空のハーモニーでミニセミナーを開催します。 4月は新生活をスタートする時期になり、そのための指針を提供できればと考え、情報発信を行うことにしまし […]
  • 次元上昇機の特別モデルのご紹介次元上昇機の特別モデルのご紹介 次元上昇機、次世代へ いつも自然生活館をご利用いただきありがとうございます。 今年に入り、アナログ電源器を所有していない方から次元上昇機の注文をいただき、波動台座に電源器の機能を組 […]
  • 【波動値調査 -長野編-4】長野県《北部》の波動値紹介【波動値調査 -長野編-4】長野県《北部》の波動値紹介   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   修験道の聖地を探索する 長野県北部の県庁所在地、長野市は国宝善光寺の門前町です。1970年代頃は門前町の […]
  • 【魂の救済-6】宇宙創造の進化段階【魂の救済-6】宇宙創造の進化段階   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   宇宙創造の進化段階 宇宙創造の実際は大きな枠組みの霊性進化システム(高次元意識の進化課程)で管理されてお […]
  • 【新・地球史4】銀行業の先駆者【新・地球史4】銀行業の先駆者   前回の続きです。(前回の記事はこちらから)   4. 銀行業の先駆者 ヨーロッパの17世紀半ばに金細工師が、金属の預かり証 […]